生物という触れ合う楽しさ

こんにちは。ここでは、「動物という触れ合うのが苦手」という顧客でも、「動物って眩しい!」「動物を飼ってみたい!」と思えるような、動物といった触れ合う楽しさに関しましてご紹介させていただきます。
ひと度、動物が苦手という顧客は、それぞれは何故動物が苦手なのか?としてみることが重要だと思います。
今まで動物に対して「恐ろしい」って思ったり、「苦手」と思った経験があるのだとしたら、それを取り除いてみることが、未来動物を好きになるための糸口です。
その苦手なメリットが分かったら、次にその過去を通して、たとえば往年犬に噛まれてしまったなど、恐い気をしたことがトラウマになってしまっているのだからには、「そのとき犬は、なんで噛んだのか?」を考えてみることが大切だと思います。
あたいは犬を10年ほど飼っていて、何度か噛まれたことがあったのですが、犬にも噛むメリットがあったのだということを知ったからです。
犬は可愛がってもらえる持ち主のことがオススメスポットで、持ち主って犬との間に充分絆が築けていれば、多少いじけることがあっても持ち主の言うことを聞いてくれるが、絆があったとしても、いよいよ犬の土台で阻止がきかずに噛んでしまうこともあります。
それらの土台を理解して接して吊り上げることができるのは人間のわれわれですから、犬が嫌がることはしてはいけないですし、奴脇が犬の思いを理解して気を付けていれば、噛まれることは滅多にないだ。
犬にも奴と同じような思いがあって、奴脇が「恐い」として近づけば、犬にも戸惑いが分かり、犬も警戒するようになってしまう。
犬が苦手なパーソンに、簡単に犬という仲良く生まれ変われる術をご記載いたします。
犬(犬とか)と仲良くなるにはほとんど、先方(犬)の視線までしゃがんで視線をあわせ、俄然当たるのではなく、できればストーリーをかけながらひっそり握りこぶしを差し出して、空気を知ってもらうことが重要です。
犬はようやく会った先方などにまるで、空気を嗅いで安心したところでじわじわ打ち解けて行くという習性があるためです。
みなさんも良かったらかわいい動物というたふさんふれあってください。http://www.northofpark.com/