子猫の大切ないのち

今回は「子猫の大切な生命」を養う対応に対して、お話しさせていただきたいと思います。
近年こちらは6匹の猫を飼っている。
6匹ともはじめは捨て猫でした。
1番目に自宅にきた猫は、ペット職場に捨てられていた黒い愛らしい子猫2匹のうち1匹をうちで引き取ることになりました。
2番目といった3番目に自宅に来た猫は、ファミリーの友だちの家庭前に捨てられていた猫を引き取ることになりました。
彩りは白と茶色の可愛らしい子猫でした。
4番目に自宅にやってきたのは、ファミリーがモデルにエンジンをかけようとしたとき、通りすがりのお客様に「モデルから猫のさえずりが始めるよ!」と言われ見てみると、モデルの下から油まみれになって出てきた猫でした。
赤茶色の眼がまん丸の子猫でした。
5番目という6番目に自宅に来た猫は、地元の草むらに捨てられていた、依然眼の開かない子猫たちでした。
5匹捨てられていた我が家3匹は、友人素敵なファミリーに引き取られていきました。
しましま感じのよく似た2匹の子猫は自宅で養うことになりました。
そうして自宅では、6匹の猫を養うことになりました。
それまでこちらは猫を養うなど考えたことが無く、子猫たちが来てくれた結果猫が大好きになり、一生的幸せにサンキュー。
こういうニュースを読んでくださったお客様に、もし「猫を飼いたい」というメンタリティがおありでしたら、どうしても大切に育てていってほしいって願っています。
今もこうしている間に、たくさんの鳥獣が「自分が幸せに過ごせる場所」を求めて、自己を可愛がって得る飼い主ちゃんを待っています。その生き物みんなが幸せに暮らしていける世の中になることをこちらは願っています。http://zlinmat.mobi/